ある日の夜ごはん・鯵の南蛮漬け、ニラ玉


スポンサーサイト

ある日の朝ごはん・残りもののポトフでポタージュ





人参、玉ネギ、長ネギ、ジャガイモ、セロリ、白菜、エリンギのポトフが余ったので、そのまま食べても良いけどミキサーにかけて、すごい大豆とカルピスバターを足してポタージュに。

ポトフが美味しいんだったらポタージュにして美味しくないはずがない?と信じて正解でした。



ある日、旦那さんとワインを飲む





お酒について勉強している?旦那さんのおかげで、貴腐ワインなるものを初めて飲ませていただきました・・・

私はもう二度と飲むことはないような大人のお味でした・・・




頂いたタンカン





アロマ仲間から頂いたタンカン。

これとっても美味しいんです~。

ファンがたくさんいるらしい。


夜ごはん・ちらし寿司、ハマグリのお吸い物





ひな祭りに自分でちらし寿司とはまぐりのお吸い物を作ったことは子供の頃に1回くらいはあったかな?

でも基本的に家に帰れば母手作りのものを自動的に食べさせてもらえる良い環境の実家暮らしだったからか、主婦になって初めてのおひな様は手作りどころか、それらを自分で作って食べようという発想がなくて、ちらし寿司の素や八マグリが売っているのを見ても忙しいからか何とも思わず。

今夜は寒いから仕込んでおいたおでんと、あとは何を食べようかな一なんて呑気に考えていて、しばらくしてやっと思い出しました。

思い出したら思い出したで食べないと気がすまなくて夜スーパーで40%オフのはまぐりを見つけてしまったら買わずにはいられず、でもちらしとおでんとハマグリじゃ旦那さまに物足りない、海・海はやめてといつものように言わせてしまうかもしれないからお肉料理もと思って。

海・海というのは八マグリとおでん種は両方とも海もの、という意味。

でもおでん・お肉・ちらし・ハマグリじゃ多いとまた言わせてしまうかもしれないので、ハマグリの賞味期限が翌日だから、ちらし・ハマグリは翌日に作ることに。

で、今日のちらしは時間がないので楽をして、ちょっといいお値段のちらし寿司の素を使わせていただき。

と、こうやって毎日いろいろと考えながら家庭料理を楽しくがんばって~おります。

そして買ったもので楽をさせてもらいながら、やっぱりお母さんの味のほうがもっと美味しいなあ、作るの大変だったろうなあという思いに浸ります。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。